システム提案
未来に豊かな自然環境を引き継ぐために、限られた資源を有効に活用する必要があります。
サクタ工業では省エネの為のシステムをご提案させていただきます。

日立超省エネ変圧器

鉄芯にアモルファスを採用し、巻線構造の改良で全損失を約60%低減いたしました。
スーパーアモルファス21

日立超省エネ変圧器 Superアモルファス21の特徴

鉄芯にアモルファス合金を採用し、巻線構造の改良で、全損失を約60%低減
「無負荷損」「負荷損」を大幅に低減し、「省エネルギー」「ランニングコスト.ミニマム」を実現
アモルファス合金の原子配列構造がもたらすメリットを変圧器の鉄芯に応用
要求信頼性が高く超寿命。
連続運転での停電は極めて起こりにくい。 省エネ効果は長期にわたる!

従来の変圧器との比較を
以下の計算式で行った結果

計算式1
負荷率m時の全損失=無負荷損+㎡×定格時の負荷損(W)
年間損失出力料金=負荷率m時の全損失(W)×24(h)×365(日)×単位電力料金(\/kWh)×10(\/年)
効果=既設変圧器年間損失電力量ー導入Superアモルファス変圧器年間損失電力料金 (\/年)
計算式2
年間損失電力量=負荷率m事前損失(W)×24(h)×365(日)×10(kWh)
CO2削減量=(既設変圧器年間損失電力量ーSuperアモルファス変圧器年間損失電力料)×0.423(kg・CO2/kWh)×10(t・CO2/年)
既設変圧器
Superアモルファス変圧器
負荷率50%の場合
年間電気料金184,880円節約
年間CO2排出量6.5(t.CO2/年)削減
負荷率60%の場合
年間電力料金228,531円節約
年間CO2排出量8.1(t.CO2/年)削減
負荷率70%の場合
年間電力料金280,119円節約
年間CO2排出量9.9(t.CO2/年)削減